2018年度東北高等学校新人サッカー選手権大会!優勝は青森山田高校

2019新人戦,高校サッカー

新チームになって、最初の本格始動は東北新人戦です。

正式の名称は「東北高等学校新人サッカー選手権大会]です。

今年で18回を数えます。

東北6県が参加する「東北サッカー協会 東北高等学校体育連盟」の主催で行われます。

今年の開催県は福島県で、平成31年1月26日(土)から1月28日(月)の期間で大会が行われます。

参加チームは今年の新人戦県大会の優勝または準優勝のチームが参加して、東北一を決めます。

参加チームは、
青森県代表:青森山田高校(1位)
秋田県代表:秋田商業(1位)・新屋(2位)
岩手県代表:盛岡商業(1位)
山形県代表:山形中央(1位)
宮城県代表:東北学院(1位)
福島県代表:尚志(1位)・聖光学院(2位)
の8チームです。

上級生が抜けて、新チームとしての実力を見ますと、青森県代表の青森山田高校が、頭一つ抜き出ていると思います。

選手権で活躍した、上級生の檀崎選手や、バスケス バイロン選手三國 ケネディエブス選手の主力選手が抜けた新チームは、

2年武田英寿新主将U-18日本代表)や1年 藤原優大選手U-17日本代表)の将来楽しみな選手が中心となって、選手権王者という立場の重圧を感じる事無く楽しみながら試合を進めていました。

東北高校新人サッカー選手権大会の結果をまとめました。

試合結果

1回戦

2019.01.26
秋田商(秋田) 2 – 1 聖光学院(福島)
東北学院(宮城) 1 – 1(PK 9 – 8) 盛岡商(岩手)
山形中央(山形) 2 – 4 青森山田(青森) 
新屋(秋田) 2 – 5 尚志(福島)

準決勝

2019.01.27
秋田商(秋田) 2 – 0 東北学院(宮城)
青森山田(青森) 1 – 0 尚志(福島)

3位決定戦

2019.01.28
尚志(福島) 2 – 1 東北学院(宮城)

決勝

2019.01.28
青森山田(青森) 2 – 0 秋田商(秋田)
【得点】青森山田高校:金 賢祐x2

最後に

今回「2018年度東北高校新人サッカー選手権大会!優勝は青森山田高校」で東北高等学校新人戦に注目してみました。

青森山田高校の「東北高等学校新人戦サッカー選手権大会 」2年連続6回目の優勝で幕を閉じた大会でしたが、
青森山田高校は、今年の目標としている、3冠選手権連覇に向けて、さい先のよいスタートが切れました。

選手権を優勝した高校の翌年は、苦しむチームが多く、思うような成績を残すことが出来ない難しさを知っているからこそ、新人戦の優勝は、大きな励みになったはずです。

東北はこれから冬場のトレーニングに入りますが、ここでの努力が、今年一年の成長につながることも知っていると思います。

Posted by shpgun3