尚志高校サッカー部2018年新人戦福島県大会!優勝は尚志高校

2019新人戦,高校サッカー

新チームとして最初にタイトルのかかった大会です。

どの高校も、上級生の残した成績に追いつけ追い越せで、気合いの入った大会になること間違いないでしょう。

特に、尚志高校のFW染野唯月選手の活躍が楽しみです。

福島県では、各地区の新人戦を勝ち抜いた代表校が県大会に出場します。
県 北聖光学院高校(1位 )、福島工業高校(2位 )、福島東高校(3位 )、福島商業高校(4位)、福島南高校(5位)
県 南:帝京安積高校(1位)、郡山高校(2位)、郡山商業高校(3位)、安積高校(4位)、白河高校(5位)
郡山東高校(6位)、清陵情報高校(7位)、尚志高校(選手権1位)・学法石川高校(選手権2位)
会 津:葵高校(1位)、会津高校(2位)、会津会津学鳳高校(3位)、喜多方桐桜高校(4位)
相 双:ふたば未来学園高校(1位)、相馬東高校(2位)
いわき:平工業高校(1位)、東日本国際大昌平高校(2位)、磐城高校(3位)、いわき光洋高校(4位)

新人戦福島県大会は、24校のトーナメント形式で争われます。

この新人戦を勝ち抜いた2校が「東北高等学校新人サッカー選手権大会」に出場できます。

新人戦!福島県大会の結果は次の通りです。

試合結果

1回戦

2018.11.23

会津学鳳 0 – 0(PK 2 – 4) 安積
東日本国際大昌平 0 – 1 いわき光洋
郡山商 3 – 0 喜多方桐桜
相馬東 0 – 1 白河
磐城 3 – 0 福島南
郡山 6 – 0 福島商
福島東 1 – 2 清陵情報
福島工 4 – 1 郡山東

2回戦

2018.11.24

尚志 2 – 0 安積
会津 2 – 3 いわき光洋
聖光学院 2 – 0 郡山商
白河 1 – 0 葵
磐城 1 – 0 学法石川
郡山 1 – 2 ふたば未来 
平工 1 – 0 清陵情報
福島工 0 – 1 帝京安積

準々決勝

2018.11.25

尚志 3 – 0 白河
平工 0 – 1 帝京安積
いわき光洋 2 – 1 磐城
聖光学院 3 – 0 ふたば未来

準決勝

2018.12.01

尚志 1 – 1(PK 5 – 3) 帝京安積
いわき光洋 0 – 1 聖光学院

決勝

2018.12.02

尚志 1 – 0 聖光学院

尚志高校が優勝し、2連覇を達成しました。

尚志高校聖光学院高校が「東北高等学校新人サッカー選手権大会」の出場権を勝ち取りました。

最後に

今回「尚志高校サッカー部2018年新人戦福島県大会!優勝は尚志高校」で新人戦福島県大会をまとめてみました。

選手権前の新人戦で、尚志高校優勝し、この勢いそのままで選手権に挑みました。

選手権の結果は、素晴らしいのもでした、あと少しのところまで,優勝校「青森山田高校」を追い詰めたのと、その立役者が、2年生のFW染野唯月選手だったと言うことが、来年への大きな礎になると確信しています。

そして、尚志高校は、2019年度は日本最高峰のリーグ戦プレミアリーグに参戦することが決まっています。

ここでの活躍も見逃せません。

来年の尚志高校全国制覇に向かって大きく羽ばたいて、今年のインターハイ(2回戦敗退)、選手権(ベスト4)の悔しさを晴らしてもらいたいです。

染野唯月選手が「半端ない」と言われる選手に育つことを心から応援しています。

Posted by shpgun3